もうすぐ落下?

UARS

NASA UARS

まもなく、米航空宇宙局(NASA)の人工衛星「UARS」が地上に落下するようですが、人に当たる確率は3200分の1ということで、さっそくネット上では「落下予測エリアに30億人が居住しているとして、お前に当たる確率は・・・」なんてやってますね。こんなものは天文学的な数字になるから大丈夫(日本政府まで)って言ってますが、オイオイ!! 本当に居住区に落下したら、少なくとも落下地点の半径数十メートル(大きさ・重さによりますが)に多大なダメージがあるわけで、被害を被るのは(言葉がダブってる?)人だけではないですし、人に当たる当たらないなんて無意味な事だと思うんですが・・・。だいたい、空から降ってくる物に当たる確率が3200分の1って、とんでもない高確率じゃないですか?この数字自体が信じ難いですが。
いずれにしても、何も起きないことを切に願います。

よろしかったらフォローをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください